【洋楽簡単カラオケBest5】Hotel California/The Eagles (イーグルス)(歌詞和訳付き)

洋楽簡単カラオケBest5の一つに上げている、Hotel Calfornia/The Eagles (イーグルス)。

作詞・作曲はドン・フェルダー、ドン・ヘンリー、グレン・フライ。1976年の作品。

Hotel Calforniaって、どんな歌?

Hotel Calforniaの歌詞と和訳

On a dark desert highway, cool wind in my hair
暗い砂漠のハイウェイで、寒い風が髪に吹く
Warm smell of colitas, rising up through the air
コリタス(※マリファナの俗語)の温かいにおいが、宙に舞い上がる
Up ahead in the distance, I saw a shimmering light
遠くの先に、俺は揺らめく光を見た
My head grew heavy and my sight grew dim
僕の頭は重くなって、視界はぼやける
I had to stop for the night
夜は休まなきゃいけない
There she stood in the doorway
彼女がドアの所に立っていた
I heard the mission bell
教会の鐘が聴こえた
And I was thinking to myself
そこで俺は思った
“This could be Heaven or this could be Hell”
ここは天国かもしれない、もしくは地獄かもしれない
Then she lit up a candle and she showed me the way
それから彼女がキャンドルに火を灯して、俺に道を示してくれた
There were voices down the corridor
廊下から声が聴こえた
I thought I heard them say
俺には彼女らがこう言ってるようにきこえたと思った

Welcome to the Hotel California
ホテルカルフォルニアにようこそ
Such a lovely place (Such a lovely place)
こんなにもステキなところよ

Such a lovely face
こんなかわいい娘もいるわ
Plenty of room at the Hotel California
ホテルかづフォルニアにはたくさん部屋があるわ
Any time of year (Any time of year)
年中いつでも
You can find it here
あなたはここでそれを見つける事ができる
Her mind is Tiffany-twisted, she got the Mercedes-Benz
彼女のこころはティファニーのような美しいくびれ、メルセデスベンツのような流れるような高級ボディー
She got a lot of pretty, pretty boys she calls friends
彼女が友だちと呼ぶかわいい男の子たちがたくさんいる
How they dance in the courtyard, sweet summer sweat
中庭で彼らが踊る、甘い夏の汗をかきながら
Some dance to remember, some dance to forget
思い出すために踊る者、忘れるために踊る者もいる
So I called up the Captain
だからキャプテン(給仕長)を呼んだ
“Please bring me my wine”
ワインを持ってきてくれ
He said, “We haven’t had that spirit here since nineteen sixty nine”
キャプテンは言った「そのようなお酒は1969年からございません」※お酒と魂を掛けている。
And still those voices are calling from far away
まだ遠くからそれらの声が聞こてくる
Wake you up in the middle of the night
夜中にを覚めさせる
Just to hear them say
彼女らこうまさに言うのが聞こえる
Welcome to the Hotel California
ホテルカルフォルニアへようこそ

Such a lovely place (Such a lovely place) 
とってもステキなところよ
Such a lovely face
かわいい人もいるわ
They livin’ it up at the Hotel California
彼らはホテルカルフォルニアですごく楽しんでいる
What a nice surprise (what a nice surprise)
なんてステキな驚きだ
Bring your alibis
アリバイでも作ってきなさい
Mirrors on the ceiling
天井の鏡
The pink champagne on ice
氷の上のピンクシャンパン
And she said “We are all just prisoners here, of our own device”
彼女が言ったよ、「私たちはみんな囚人なのよ、自身に囚われた」
And in the master’s chambers
マスターの部屋では
They gathered for the feast
ご馳走に集まってる
They stab it with their steely knives
彼らは鋭いナイフで刺している
But they just can’t kill the beast
でも獣を殺すことはできない
Last thing I remember
最後に俺が覚えてるのは
I was running for the door
ドアに向かって走ってたこと
I had to find the passage back to the place I was before
前いたところに戻るための道を見つけなくちゃいけなかった

“Relax, ” said the night man
「リラックスしろ」、夜の男が言った
“We are programmed to receive
「俺たちは受け入れるようにプログラムされている」
You can check-out any time you like
お前はいつでもチェックアウトできる
But you can never leave!
でもお前は絶対に出られない!

歌詞と和訳を別々に記載(英語の勉強用)

【歌詞】

On a dark desert highway, cool wind in my hair
Warm smell of colitas, rising up through the air
Up ahead in the distance, I saw a shimmering light
My head grew heavy and my sight grew dim
I had to stop for the night
There she stood in the doorway
I heard the mission bell
And I was thinking to myself
“This could be Heaven or this could be Hell”
Then she lit up a candle and she showed me the way
There were voices down the corridor
I thought I heard them say

Welcome to the Hotel California
Such a lovely place (Such a lovely place)

Such a lovely face
Plenty of room at the Hotel California
Any time of year (Any time of year)
You can find it here
Her mind is Tiffany-twisted, she got the Mercedes-Benz

She got a lot of pretty, pretty boys she calls friends
How they dance in the courtyard, sweet summer sweat
Some dance to remember, some dance to forget
So I called up the Captain

“Please bring me my wine”
He said, “We haven’t had that spirit here since nineteen sixty nine”
And still those voices are calling from far away
Wake you up in the middle of the night
Just to hear them say
Welcome to the Hotel California

Such a lovely place (Such a lovely place) 
Such a lovely face
They livin’ it up at the Hotel California
What a nice surprise (what a nice surprise)
Bring your alibis
Mirrors on the ceiling
The pink champagne on ice
And she said “We are all just prisoners here, of our own device”
And in the master’s chambers
They gathered for the feast
They stab it with their steely knives
But they just can’t kill the beast
Last thing I remember
I was running for the door
I had to find the passage back to the place I was before

“Relax, ” said the night man
“We are programmed to receive
You can check-out any time you like
But you can never leave!

【和訳】

暗い砂漠のハイウェイで、寒い風が髪に吹く
コリタス(※マリファナの俗語)の温かいにおいが、宙に舞い上がる
遠くの先に、俺は揺らめく光を見た
僕の頭は重くなって、視界はぼやける
夜は休まなきゃいけない
彼女がドアの所に立っていた
教会の鐘が聴こえた
そこで俺は思った
ここは天国かもしれない、もしくは地獄かもしれない
それから彼女がキャンドルに火を灯して、俺に道を示してくれた
廊下から声が聴こえた
俺には彼女らがこう言ってるようにきこえたと思った

ホテルカルフォルニアにようこそ
こんなにもステキなところよ

こんなかわいい娘もいるわ
ホテルかづフォルニアにはたくさん部屋があるわ
年中いつでも
あなたはここでそれを見つける事ができる
彼女のこころはティファニーのような美しいくびれ、メルセデスベンツのような流れるような高級ボディー
彼女が友だちと呼ぶかわいい男の子たちがたくさんいる
中庭で彼らが踊る、甘い夏の汗をかきながら
思い出すために踊る者、忘れるために踊る者もいる
だからキャプテン(給仕長)を呼んだ
ワインを持ってきてくれ
キャプテンは言った「そのようなお酒は1969年からございません」※お酒と魂を掛けている。
まだ遠くからそれらの声が聞こてくる
夜中にを覚めさせる
彼女らこうまさに言うのが聞こえる
ホテルカルフォルニアへようこそ

とってもステキなところよ
かわいい人もいるわ
彼らはホテルカルフォルニアですごく楽しんでいる
なんてステキな驚きだ
アリバイでも作ってきなさい
天井の鏡
氷の上のピンクシャンパン
彼女が言ったよ、「私たちはみんな囚人なのよ、自身に囚われた」
マスターの部屋では
ご馳走に集まってる
彼らは鋭いナイフで刺している
でも獣を殺すことはできない
最後に俺が覚えてるのは
ドアに向かって走ってたこと
前いたところに戻るための道を見つけなくちゃいけなかった

「リラックスしろ」、夜の男が言った
「俺たちは受け入れるようにプログラムされている」
お前はいつでもチェックアウトできる

でもお前は絶対に出られない!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

I accept that my given data and my IP address is sent to a server in the USA only for the purpose of spam prevention through the Akismet program.More information on Akismet and GDPR.