英語でトイレは? “toilet”?”rest room”?イギリス英語、アメリカ英語の違い。

英語の勉強をしていて、参考になった英語の文章を見つけたので忘れないようにアップ。

今回は、「トイレ」に関する文や単語に関して、イギリス英語、アメリカ英語それぞれの視点を見ていきます。

日本語でトレイは、英語では??

トイレ:辞書(google翻訳で検索)で引くと、、、

toilet
トイレトイレット便所お手洗い不浄場
bathroom
浴室トイレ洗面所湯殿風呂場バスルーム
lavatory
トイレ便所ラバトリー手洗いお手洗い
restroom
トイレ手洗い便所お手洗い休息所休憩室
toilette
トイレトイレット

なんとなく知っている単語ですよね。

イギリス英語とアメリカ英語ではどのような単語が使われるか。

下記例文を参考にちょっと見ていきましょう。

The words “toilet” and “lavatory” frequently used in England,sound rude to American ears.

(和訳:イギリスでしばば使われる”toilet”と”lavatory”という言葉は、アメリカ人の耳には不作法に聞こえるのです。)

They prefer “rest room” or “comfort station.”

(和訳:彼らは”rest room”または”comfort station”の方を好むのです。)

イギリス英語では、”toilet” and “lavatory

アメリカ英語では、 “rest room” or “comfort station

ここで注目スべき点が!!イギリス英語では一単語でトイレを意味してますね。アメリカ英語では、2つの単語から成っています。

rest room“を直訳すると、「休憩の部屋」。”comfort station“は「快適な場所」。アメリカ英語ののほうが、遠回しな言い方に感じますね。

一方、イギリス英語は単刀直入に感じます。

「トイレに行く」の英語表現(アメリカ英語)。

Generally, if a lady wants to use a toilet she may ask to powder her nose.

(和訳:一般的に、女性がトイレを使いたいときは、彼女は化粧を直したいと言うでしょう。)

A man may ask to wash his hands or use the bathroom.

(和訳:男性は手を洗いたい、または浴室を使いたいというでしょう。)

うーーん、やっぱりアメリカ英語のほうが、遠回しな言い方なんですかね。

こういう表現をギリス人にした場合、誤解を引き起こすかもと言う例文もついでに乗せておきます。

However, in certain places in Britain, this may still cause some misunderstanding.

It’s best in this case to be direct by just saying,”Where is the toilet?”

Otherwise you may be directed to a room where you can ONLY powder your nose or ONLY wash your hands!

和訳:

しかしイギリスのある場所では、これさえも何らかの誤解を引き起こすかもしれません。

その場合には単刀直入に「トイレはどこですか?」とだけ言うのが一番良いのです。

もしそうでなければ、皆さんは化粧を直すことしかできなかったり、手をあらうことしかできない部屋を教えられるかもしれませんよ!

まとめ

イギリス英語とアメリカ英語は、トイレの表現ですらちがう。

イギリス英語はは、単刀直入。アメリカ英語は遠回し。

実際には、どちらも通じるのかもしれませんがいろいろな表現方法を知っておくのもネタ的に良いですね。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

I accept that my given data and my IP address is sent to a server in the USA only for the purpose of spam prevention through the Akismet program.More information on Akismet and GDPR.